• 演習を重視した実践的な講義により 創造力のあるパイオニアを養成
  • AIやサイバーセキュリティなどの 最新技術をカバー

国立大学法人 電気通信大学の社会人履修証明プログラム

 ウェブシステムデザインプログラムは、ウェブ開発に関連する「Web技術」、「ネットワーク」、「セキュリティ」、「法規とマネジメント」及び「最新技術」の5分野から構成されるプログラムです。「ウェブシステムデザイン」を体系的に網羅したカリキュラムと最先端の講師陣による実践的な演習を中心とした講義により、実用性の高い技術力を身につけたスペシャリストを養成します。授業中はティーチングアシスタントが深い理解をするためのサポートをします。
  講義収録とe-ラーニングを活用することで出席が難しい場合にも自宅で受講することができます。また、インターネットを経由して大学の計算機システムにアクセスすることで自宅での演習も可能です。講義終了後に確認テストに合格すれば修了の認定を受けられます。

出願受付期間

平成30年4月9日(月) ~ 5月31日(木)
※証明書の提出が間に合わない可能性がある場合は事前にご相談ください。

開講期間

平成30年7月11日(水)から平成31年1月12日(土) (予定)

学修時間

123時間(水曜日 17:50~21:00、土曜日 10:40~17:45)

受講料

123,000円(総額)

時間割

平成30年度時間割

文部科学省 「職業実践力育成プログラム(BP)」の認定を受けました。

「職業実践力育成プログラム」(BP)とは、大学・大学院・短期大学・高等専門学校におけるプログラムの受講を通じた社会人の職業に必要な能力の向上を図る機会の拡大を目的として、大学等における社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムを「職業実践力育成プログラム」(BP)として文部科学大臣が認定するものです。

履修証明制度とは

平成19年の学校教育法の改正により「履修証明制度」が創設されました。主に社会人を対象として、大学の教育・研究資源を活かし一定の教育計画のものとに編纂された、体系的な知識・技術の習得を目指した教育プログラムを提供することを目的としています。一般的な公開講座とは異なり、その分野の人材育成を目的としているため、体系的な知識・技術が習得できるよう、1年の履修期間と120時間以上のプログラムにより構成されています。プログラムの修了者には履修証明書が交付されるとともに、厚生労働省が定めるジョブ・カードにその旨を記載することができます。

PAGETOP
Copyright © 国立大学法人 電気通信大学
ウェブシステムデザインプログラム事務室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.