職業実践力育成プログラム(BP)

2020年度 文部科学省 「職業実践力育成プログラム(BP)」の認定を受けました。

「職業実践力育成プログラム」(BP)とは、大学・大学院・短期大学・高等専門学校におけるプログラムの受講を通じた社会人の職業に必要な能力の向上を図る機会の拡大を目的として、大学等における社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムを「職業実践力育成プログラム」(BP)として文部科学大臣が認定するものです。

2017年度 文部科学省 「職業実践力育成プログラム(BP)」の認定を受けました。

2017年度に文部科学省 「職業実践力育成プログラム(BP)」の認定を受けましたが、2019年度に最低講義時間数が120時間以上から60時間以上に変更されたことに伴い123時間で構成される現プログラムを廃止し、再申請を行い60時間以上の新規履修証明プログラム (前述) として2020年度より再認定されました。

更新日:

Copyright© ウェブシステムデザインプログラム.